HOME:ホーム

 

NEWS 最新情報・お知らせ

1月のスペシャル

  1. 眼鏡を2つ購入で2つ目が30% OFF
  2. 目の人間ドック(保険の無い方対象) $100(通常$350)
  3. 白内障手術のカウンセリング(検査込み)20% OFF

ホームページを見た方だけの限定キャンペーンです。ご来院の際は『ホームページを見ました。』と忘れずにお伝えください。

◆◆◆コンタクトレンズ緊急サービス◆◆◆

ハワイへの旅行中にコンタクトレンズを切らしてしまった方、コンタクトレンズ一式を日本に忘れて困っていらっしゃる方、当院で検査(約15分)してその場でコンタクトレンズをお渡しできます。メール(drytakeda@yahoo.co.jp)、またはお電話(+1(808)946-1664)にてご連絡ください。

ハワイの眼医者 武田裕子先生

今月の 『教えて武田先生!』


白内障の手術を薦められました。手術後は手元が見え辛くなるので老眼鏡が要ると言われました。今までは遠近両用のコンタクトレンズをしていたので老眼鏡はいらなかったし、手元はレンズを取ったら見えていました。老眼鏡は使いたくないです。どうすれば良いでしょうか?

白内障とは目の中のレンズ、水晶体が曇って視力が低下する疾患です。多くは老化現象のために水晶体が曇ってきます。手術はこの水晶体を取って、人工の眼内レンズを入れる、いわゆる歯のインプラントのようなものです。一昔前までは入院して白内障の手術をしましたが、今ではより簡単になり外来でできるようになりました。

人工レンズは、遠く(または近く)に焦点を合わせて遠く(または近く)が綺麗に見えるようにできます。ただ遠くと近くに同時に焦点を合わせることができないため、術後は近くを見るのに老眼鏡を使うか、遠近両用のメガネをかけることになります。

もともと乱視がある人は、眼内レンズには乱視が入っていないため、これもメガネで補うことになります。この手術は多くの健康保険が対象になります。

最近の新しい眼内レンズには遠近両用の物ができ、老眼鏡をかけなくても遠くと近くを綺麗に見ることができるようになりました。また乱視がある人でも角膜で乱視を矯正することができて、術後はメガネがなくても全ての距離を見るのが可能となりました。これは今のところ健康保険が対象になっていません。そしてこの手術ができるスペシャリストは限られています。このように白内障の手術は以前よりも簡単なものになり、これからも優れた眼内レンズができてきます。

白内障の手術が必要、と言われたらまず一般眼科のドクターにセカンドオピニオンを聞くのが良いと思います。今直ぐに手術をしたほうが良いのか、または自分にはどのレンズが合うのかなどを相談して、それに合ったスペシャリストを紹介してもらう事をお勧めします。