HOME:ホーム

 

NEWS 最新情報・お知らせ

1月のスペシャル

  1. メガネ/コンタクトレンズ:10% OFF(ビジョンケアの保険がない方のみ適用)
  2. 初めてのコンタクトレンズフィッティング検査費用:10% OFF
  3. ブルーライトブロックメガネ:10% OFF

ホームページを見た方だけの限定キャンペーンです。ご来院の際は『ホームページを見ました。』と忘れずにお伝えください。

<お知らせ>
2019年のビジョン保険で眼科検査及びメガネ/コンタクトレンズのベネフィットを使わなかった方、1月末までに検診に来られればまだ間に合います。ご予約の際それをお伝えください。

2020年で開業23年目になります。今年もハワイ在住の皆さま、アメリカ本土や日本からいらっしゃる皆さまの眼のケアをさせていただきます。「目が変!」と思ったらご連絡ください。

◆◆◆コンタクトレンズ緊急サービス◆◆◆

ハワイへの旅行中にコンタクトレンズを切らしてしまった方、コンタクトレンズ一式を日本に忘れて困っていらっしゃる方、当院で検査(約15分)してその場でコンタクトレンズをお渡しできます。メール(drytakeda@yahoo.co.jp)、またはお電話(+1(808)946-1664)にてご連絡ください。

ハワイの眼医者 武田裕子先生

今月の 『教えて武田先生!』

運転手の仕事をしています。車を運転していたら急に物が二重に見えて来ました。やはり眼科にかかった方が良いのでしょうか?どのような治療方があるのでしょうか?


物が二重に見えることを複視(double vision)と言いますが、片目を閉じてもダブルに見える場合は白内障、加齢性網膜黄斑変性症や乱視など目の疾患の場合が多いです。

片目を閉じるとダブルに見えない場合は、目以外の様々原因が考えられます。例えば脳梗塞、脳腫瘍などの疾患または高血圧や糖尿病から来る神経と筋肉が原因のものがあります。内科的な原因と考えられるものは内科医にリファーしたりMRIをオーダーします。

内科的疾患が良くなれば6、7ヶ月で元に戻ることが多いです。長期にかけてダブルビジョンがある場合はプリズムを処方してレンズの屈折を変えることによって物を一つに見えるようにできます。

原因になっている視神経によっては100%解消できない場合もあります。その場合はメガネで片目を不透明なフィルムで遮断したり眼帯で遮断します。それでも良くならない場合は手術となります。

まずは複視の原因と治療方針を決定するために早めに眼科を受診し相談することが大事です。