HOME:ホーム

 

NEWS 最新情報・お知らせ

5月のスペシャル

  1. 遠近両用コンタクトレンズフィッティング 10% OFFオフ
  2. メガネスペシャル:フレームとレンズで$200(フレームは限定品となります)
  3. 子供用フレーム 20% OFFオフ(フレームは限定品となります)
  4. 緑内障スクリーニング検査$100(健康保険がない方対象)

ホームページを見た方だけの限定キャンペーンです。ご来院の際は『ホームページを見ました。』と忘れずにお伝えください。

◆◆◆コンタクトレンズ緊急サービス◆◆◆

ハワイへの旅行中にコンタクトレンズを切らしてしまった方、コンタクトレンズ一式を日本に忘れて困っていらっしゃる方、当院で検査(約15分)してその場でコンタクトレンズをお渡しできます。メール(drytakeda@yahoo.co.jp)、またはお電話(+1(808)946-1664)にてご連絡ください。

ハワイの眼医者 武田裕子先生

今月の 『教えて武田先生!』

40代後半の男性です。最近、以前よりも右と左の目の見え方が違うように感じます。老眼が進んだのかなと思いますが、他に原因が考えられるでしょうか?また、これからどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?


多くの方は子供のころから、右と左の視力が一緒ではありません。原因は片方の目がより近視、乱視などがあげられます。しかしある程度の年齢になると気を付けなければいけないことがあります。

  1. 脳梗塞:脳の血管が梗塞すると部分によって視野の欠損が起こります。脳梗塞は重症なものから、気が付かない程度のものもあります。
  2. 緑内障:緑内障は両目の慢性疾患です。しかしいつも片目から始まります。これは視神経が死んでいく病気ですが、結果として視野の欠損から始まり最終的に失明します。早期発見をされれば、目薬等で病気をコントロールすることができます。
  3. 白内障:これも種類によっては40代から始まるものもあります。片目が雲ってみえる、白く見える、ということですがその自覚症状が出る前に、片目がより乱視として出たり、遠視として出たりします。
  4. 網膜の病気:加齢や高血圧、糖尿病などから網膜に眼底出血が起こったり網膜の疾患が起こります。またコンピューターや携帯のブルーライトは網膜まで到達するため、網膜の疾患は若くして起こる可能性があります。

1と2の視野欠損はかなりひどくならないと気が付かないものです。片目を閉じて、片目が視野欠損してる場合がかなり進行しているということです。

目は身体の一部であるため、身体の疾患が目に出ます。「目が変!」、「視力が変わった。」と思ったら、メガネ屋さんに行くのではなくまず一般眼科に行かれて目の検査、健診をされることをお勧めします。早期発見が目の健康につながります。

特にアメリカ在住の方は、健康保険に目の保険があるはずです。それで一年に一度の検査がカバーされます。今年目の検診をされていらっしゃらない方は直ぐに目の検査をされることをお勧めします。